手描きプログラミングのための、おすすめマーカー2選!

 

こんにちは。キャスタリア株式会社の矢島です。

Ozobotの特徴といえば、パソコン上のプログラミングはもちろん、パソコンを使わないアンプラグドプログラミングですね。
たこ焼きロボットと呼ばれていますが、正式にはライントレースロボットなので、マーカーで引いた線の上を走るんです。黒色を基本に、赤・青・緑のマーカーも用意したら、4色を並び替えたり組み合わせたりすることで、Ozobotに指示を出すことができます。
 >>カラーコードについてはこちら

(Ozobotの基本的な使い方や、手描きでOzobotを楽しむ方法は、以下を参照してください!)

手描きプログラミングには何が必要?

アンプラグドプログラミングに特別な道具は要りませんが、もし細いマジックなどを使ってしまうと、ちょうどいい太さの線を描くのにとても手間がかかります!下の動画みたいに、サーっと線を引いたらスーッとOzobotが追いかけてくるのが理想ですよね。

Ozobotで遊ぶための最適限の条件は以下の2つです:
① 太さが5ミリ前後
② 黒・赤・青・緑の4色が揃う

この2つの条件を満たしているマーカーを試して、2社に絞りました!

Ozobotにはこのマーカー!

1)紙用マッキー(ZEBRA)
紙専用なだけあって、裏移りしないので床や机の上で存分に遊べますね。水性でカートリッジ式なところも嬉しいポイントです。

2)ホワイトボード用マーカー〈ヨクミエール〉(KOKUYO)
こちらホワイトボード用ですが、紙に使用した際も“よく見える”ようです!こちらもカートリッジ式ですが、残りインクがよく見えるので、遊んでいる途中の急なインク切れを避けられそうです。


番外編

動画サイトmoovooでOzobotが紹介されているので、ちょっと写真をお借りしているのですが、緑や青ではなく黄緑と水色を使用していますね。色の塗り方にも注目です。

1490947393264_awh6mhpg4cuwhvlrgw0efa0u.jpg

緑色や青色のマーカーを重ね塗りし過ぎると,黒くなってしまい色を認識しない場合があるので、黄緑や水色も有効かもしれません(もちろん動きます!)
moovooの記事ではプロッキー(三菱鉛筆)を使用しているようですが、先ほどご紹介した紙用マッキーにも、ライトグリーンとライトブルーもありました。
お手元に黄緑や水色がある場合は、ぜひお試しください!

 

 

山口YCAMにて行われたプログラミング教育勉強会に参加してきました。

 

2017年2月18日(土) 山口県山口市中園町にある山口情報芸術センター(YCAM)にて行われたプログラミング教育勉強会にて、Ozobotの指導者向けセミナーを行いました。

山口大学教育学部とやまぐち総合教育支援センターが連携して始められたプログラミング教育勉強会は、今回で4回目を迎えるそうです。子ども✕企業の実践をもとに様々な考えを語り合うというテーマを元に話し合いが持たれました。

まずは、NTT西日本の松浦さんから「寝屋川市におけるプログラミング教育実証事業」を紹介され、プログラミング教育の動向や必要性について情報提供を行いました。次に実証事業に用いたOzobot Bitのワークショップを体験してもらいました。

Ozobotワークショップでは、Ozobotの基本的な動きから初めて、OzoCodeの使い方やOzoBlocklyプログラミングまで一通り体験してもらい、Ozobotを使って教えていく上でポイントとなる点を伝えました。


参加者は山口県の小学校・高校・大学の先生やYCAMのキュレータの方々といったアートや教育に関心の高い人々ばかりで、Ozobotの面白さを理解しつつ、自分なりのOzoBlocklyプログラムを作り変えたりと非常にレベルの高いワークショップになりました。

 

 

金沢で行われた「ふれる。あそぶ。プログラミング。」に参加してきました。

 

プログラミング教育ロボットが体験できるイベントに、Ozobotも登場していました!
>>「ふれる。あそぶ。プログラミング。」(イベントは終了しています)

 

そのイベントの様子は以下のページからご覧いただけます。
>>金沢で行われた「ふれる。あそぶ。プログラミング。」に参加してきました。

Ozobotを使用している様子が、写真(というよりもGIF画像!)で紹介されていますね。

 

今後のイベント情報は、SNSで随時お知らせしています。お見逃しのないよう、ぜひぜひフォローしてください!

 

糸魚川応援プロジェクト!Ozobotプログラミング入門教室が行われました。

 

2017年1月21日、新潟県糸魚川市にてOzobotの小学生向けプログラミング教室を行いました。

>>Ozobotプログラミング入門教室(イベントは終了しております)

ギークラボ上越(上越教育大情報メディア教育支援センター)の大森先生から開会のあいさつ

ギークラボ上越(上越教育大情報メディア教育支援センター)の大森先生から開会のあいさつ

糸魚川の大火に遭った子どもたちを元気づけるために、ギークラボ上越がイベントを企画。キャスタリアもその趣旨に賛同し、手描きで楽しむOzoCodeと、タブレットでプログラムするOzoBlocklyのプログラミング教材を提供しました。

JR糸魚川駅に隣接するヒスイ王国館の会場では、20組を超えるご家族が集まりました。
サインペンで自分でコースを描くライントレースとカラーコードによる命令シールを使うOzoCodeからはじめて、iPadを使ったOzoBlocklyでロボットプログラミングを行いました。

親子で一緒にロボットプログラミングを行い、笑顔の絶えないイベントとなりました。
参加したお子さんたち、保護者のみなさん、子どもたちのサポートを行ってくださった上越ギークラボのみなさん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

 

最新のイベント情報はSNSでお知らせしております。お見逃しの無いよう、フォローよろしくお願いいたします!

 
 

たこ焼きロボットでプログラミング教育!?Ozobotを用いた小学校での実証実験の様子がテレビ大阪にて紹介されました!

たこ焼きロボットでプログラミング教育!?Ozobotを用いた小学校での実証実験の様子がテレビ大阪にて紹介されました!

Ozobot(オゾボット)を使った大阪府の小学校でのプログラミング教育実証実験の様子が、テレビ大阪にて紹介されました!